|  - ω - |  雨の季節です。洗濯物は大変ですが、キライではありません。 

今年からずっと患っている?右のわき腹が張ったような、つったような感じがいまだに治らない。肩こりや腰痛からくる、いわゆる外科モノだと思うんですが、ネットで右のわき腹に痛みがあるとか検索すると、肝臓や胆のう、腎臓、ガン、肋間神経痛、帯状疱疹、脂肪肝、急性肝炎、胆石、腎盂腎炎(じんうじんえん)、尿路結石など、ヤバイくらい疑いのある病気が出てくる。。。湿布を張ったり押さえるとラクになるので、内蔵系ではないとは思いますが、いいかげん病院に行っておこうと思います。。。。人間健康が一番の基本ですからね、病気になって動けなくなったら地位も名誉も何の意味もない。ま、地位も名誉もありませんがww

 

ブログランキング←お願いします

 

ドル106円を突破するかが焦点に

[東京 30日 ロイター] 来週の外為市場では、このところ堅調な米株式市場と拡大傾向にある日米金利差を見据えながら、ドルが最近のレンジ上限とされる106円の壁を突破し、かつ106円以上に定着するかが焦点となる。

 6日に発表予定の5月の米雇用統計では、米雇用市場の悪化が予想されているが、米株が底堅さを維持する限り、ドルにとって大きなマイナス材料にならないとの見方も浮上してきた。 

 予想レンジはドル/円が103.00―106.50円、ユーロ/ドルが1.5300―1.5800ドル。 

記事全文


←旧GMOです。

 

先週はドル円、クロス円ともに堅調な動き。このまま米市場にもネガティブサプライズがない限り今週も上昇が見込めるかもしれませんね。


ポん

 

 

ポンド円の日足。他クロス円もいい感じのトレンドチャートになっています。長期は75日線を表示しましたが、これも上を向いているのはオージー円とユーロ円。ただどちらもかなりの高値水準になっていると思います。去年とは情勢が違っているので比べるのは間違いかもしれませんが、ドル円が120円前後の時のユーロ円、オージー円と変わりありません。一方それよりも下で推移しているのはポンド円、NZドル円。景気後退などの不安、ポンドは利下げしていますし、去年の高値圏まではいかないにしても上値余地を期待してしまいます。ただポンド円は1度冷やしを入れてほしいところです。押しを狙っていきたいです。

ポん

 

 

NZドル円の日足。他通貨に比べて、ようやく雲を抜けるかというところ。指標も悪く、景気後退不安が強まっており、ちょいと不安感ですが、出遅れとして今週も狙っていきたいです。

 

ゆろ

 

 

ユーロドルも気になるところです。チャートは支持線ギリギリでロンガーは正念場かな?この水準を下にいってしまうと雲下限まで(1.5300付近)までいってしまうかも。でもドル円が106円に到達できずにモタモタしているとおもしろいかもです。


FXランキング←お願いです〜

月、火はやることが多くてチラ見になるので、慎重に〜

ザイFX!

【取引】

金曜は夜少しだけポジ取り。

FXプライム:NZドル円、オージー円 ロング。

長く持つつもりはありません。

 

キャッシュバック中!