|  - ω - |  完全に真夏ですね。。急に暑くなりすぎです・・・。


FXランキング←お願いですー

 

今週は14日にNZ小売売上高、15日には同じくNZの消費者物価が発表される。同国の第1四半期GDPは既にマイナス成長に陥り、企業景況感も悪化している。それ故、小売売上高(除自動車)は前月比で大きく減少すると見られる。一方、消費者物価は原油価格の高騰を背景にRBNZのインフレ目標(1-3%)の上限を大きく上回ると予想されている。仮に小売&消費者物価が共に事前予想を割り込めば、今月の会合での利下げ期待が大きく浮上する可能性も。

15日には日銀が政策金利を発表する。事前予想は0.50%で据え置きであり、政策の変更は織り込まれていない。注目は同日16:30頃から予定されている白川日銀総裁の記者会見。
15日、16日の両日にバーナンキFRB議長による半期議会証言が予定されている。先日の証言では景気や金融政策に対する踏み込んだ見解は発しなかったが、今回は証言テーマが「景気と金融政策」である事から、議長による最新の見解が聞かれるだろう。故に先日の証言よりも注目度は高い。他にも英消費者物価指数(15日)、独ZEW景況感(15日)、RBA議事録(15日)、米小売売上高(15日)、そしてカナダ中銀政策金利(15日)等、特に週前半に重要な経済指標が多数控えている。(ひまわり証券)
 
 
ユーロ円の日足+移動平均線+RSIユーロドルの日足+移動平均線+RSI
ユーロ円は高値取ってきました。史上最高値更新も、天井の雰囲気は見られない感があります。170円はとりあえず突破するような気がしますね。
 
ただユーロ円の動きは少々わかりにくく、今現在はドル円に連動してる動きですかね。とにかくドル円、ユーロ円、ユーロドルは常に注目するところですね。ユーロドルも久々の1.6台が見られそうな気がします。ただどちらも調整がありそうな急伸ですので、原油相場を見つつ、NY市場、決算を気にしつつ行動したいところ。
 
今週もドルとユーロが一番ブレるでしょうかね。短期狙いならこの3つ、ドル円ユーロ円ユーロドルでいくつもりです。
 
また先週は地政学リスクが新たに発生しましたんで、急なリスク回避の円高懸念が出てきてしまいました。こんなんニュース見ない限りいつどうなるかわかりませんから、できるだけストップを常に入れておくくらいしかできませんよ。。先週も2回急落がありましたが、どちらも戻った感じですので、あまり浅くストップ入れるのもナンだなと思います。ストップは2段下げくらいの位置まで普段から入れません。
 
 
 
 
先週の金曜のトレードは最悪。20万以上取れた利益を早売りで全部逃した。それだけならまだしもショート方向からロング方向に持ち替えた途端に円高方向に急伸。昼といい夜といいあまりの逆行動にくやしくて震えましたw。
 
 
ブログランキング←お願いします

【取引】

金曜まで持っていたロングポジションは揉み合いにガマンができず全て決済。それから10分くらいしてからアメリカのニュースでリスク回避の円安進行。利益取り逃がし。

その後、ポンド円にショートをかけて、ドル円も107円オーバーでショートを徐々に構築して様子見。で、またもや揉み合いにガマンができず決済。5分後くらいから円急伸・・・・。利益大幅取り逃がし。

アホだ。イヤになったw

プラス、カナダ円が106円割れていて、ちょちょっと下げてきてたので、押し目だと思いロング。そしたら20:00に指標だったみたいで(まったく見てなかった、21:30だと思ってたw)予想外の悪さに急落。それから例のイラン問題で追い討ち。

NY時間にかなり回復はしたものの、結局は含み損。急落時にユーロ円を買った。寝る前にオージー円買った。

月曜はGDで始まりそう。。

 

ポジ

カナダ円、ユーロ円、オージー円 ロング。

3ケタ復帰間近だった資産は先週月曜くらいに逆戻り。