米株の恐怖指数、過去最高を更新=二番天井と混乱激化の攻防

米株投資家の恐怖心理を映すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のVIX指数(ボラティリティー・インデックス)が過去最高を更新してきた。20日は米 国株の大幅続落を受けて80.86となり、これまでの過去最高であった10月27日の80.06を更新してきた。歴史的な市場の動揺と信用不安の高まりが 続いている。

テクニカルでは5日移動平均線が下から25日線を上抜けるという、地合いの悪化(=米国株は売りシグナル)が続いている。
一方で同じテクニカルでは、信用不安の高まりのピークアウトを示す天井到達のせめぎ合いが続いている。
20日の日中高値は81.48であり、日中ベースの最高である10月24日の89.53を辛うじて下回った。これからVIX指数の上昇が上げ渋り、再び低下基調に転じると「二番天井」を形成。当座の信用不安と株安がピークアウトしてくる。
反対に一段と上昇してくると、さらなる信用不安と株価底割れのステージに移行するリスクも消えていない。
なお、為替相場にとってVIX指数の上昇は信用不安の高まりを示し、「リスク回避の円高」、VIX指数の低下は信用不安の低下を示し、「リスク許容度改善の円安」に作用するケースが見られてきた。(Marketwin24)


人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へFXランキング





|  - ω - |  フィリー指数悪化やビッグ3危機でダウはさらに安値に向かいました。ただ、自動車業界の救済が年内にもまとまるという話から、夜中に買い戻しがあったようで。

昨日テレビ見てたら、ビッグ3の会長が下院議員にボロクソに言われてましたwおまえら危機なんだったら危機らしく自家用ジェット機なんか早く売り飛ばせや!ほんで救済にいくら必要なんや!?
わからん?ちゃんと計算してから来いや!!みたいな感じですwおっしゃる通りですね。

この情勢を止めるには、もう世界ゼロ金利&介入しか策は無いのかもね。

買戻しやちょっとした材料で100pis〜300pipsもザラにあるので、浅いストップは注意ですね。昨日は寝る前にドル円のストップを96円オーバーの浅めに入れておいたら、まさかの96円乗せがあったようでストップ取られてました。

戻りは売られる状況は当分変わらなさそうです。






経済指標・イベントカレンダー[21日]


09:00 日本銀行、政策委員会・金融政策決定会合(2日目、終了後直ちに結果公表)
09:00 シンガポール7-9月期国内総生産
11:00 NZ・10月クレジットカード支出
11:00 ブラード・セントルイス連銀総裁、「現下の経済環境に関する個人的見解」と題して講演(インディアナ州)
14:30 松尾生命保険協会会長、定例記者会見
15:30 白川日本銀行総裁、記者会見
16:45 仏10月消費者支出
17:00 仏11月製造業購買担当者指数・速報
17:00 仏11月非製造業購買担当者指数・速報
17:30 独11月製造業購買担当者指数・速報
17:30 独11月非製造業購買担当者指数・速報
18:00 ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
18:00 ユーロ圏11月製造業購買担当者指数・速報
18:00 ユーロ圏11月非製造業購買担当者指数・速報
18:00 ユーロ圏11月総合購買担当者指数・速報
18:00 伊9月小売売上高
20:30 ゴンザレス・パラモECB理事、マドリッドで講演
21:00 加10月消費者物価指数
22:15 ラッカー・リッチモンド連銀総裁、金融情勢に関する朝食会で講演(メリーランド州)
26:15 プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁、金融危機について講演(フィラデルフィア)
26:40 エバンス・シカゴ連銀総裁、メディア・エコノミック・クラブで講演(インディアナポリス)

時間未定 コロンビア中銀、政策金利発表






税金がきになる人は要チェック!

【取引】

じつは水曜に買い転換して、その時はけっこうな含み益になったんだけど、朝方見たら見事に値を消してました。。

そしてまたもやショート転換したので、利益はトントン。ここから更なる円高に期待するしかないです。ブレずにショート一本なら今頃どえらい利益ですが、中期線も突破するような上昇をしたらしかたないです。年初安を更新したキウイやポンドに期待したいところ。介入なんかの話が出るとやたら反転しそうなので、刈られないように気をつけます。



ポジ

ドル円、ユーロ円、ポンド円、NZドル円 ショート。




↓何個目かわかりませんが開いてみました。

キャッシュバック最大1万円!