菅総理大臣の、断固たる措置発言や、追加緩和策の具体化などにより多少の安心感のでた円相場ではありますが、いろいろなところで、単独介入はないだろう、もしあってもそれは5円以上落下するような緊急事態やパニック状態になった時の意味で、この前の83円台に突入した時のような、たがが1円5、60銭程度の下げでは介入もクソもない。といったような感じの捉えられかたのようですね。

各国が円高になってもさして影響がないのであれば、協調の雰囲気にもなりにくく、困ったもんだが今の現状でしょうねぇ。


今週はアメリカ雇用統計、9月4日?には民主党の代表選ですね。これ小沢さんがなったら笑っちゃいますけど(笑)

国民は総選挙を望んでると思いますけどね〜、鳩山さんなんて、もうテンパってますもんね。



人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ FX  デイトレ・スイング派へ




明日の予定

07:45 NZ・7月貿易収支
08:01 英8月ホームトラック住宅価格
10:00 豪7月HIA新築住宅販売
10:30 豪4-6月期企業営業利益
12:00 NZ・8月NBNZ企業信頼感
12:00 NZ・7月マネーサプライ
12:00 西岡武夫参院議長、昼食会見[日本記者クラブ]
13:30 山口日銀副総裁がパネルディスカッションに参加[第6回東京-北京フォーラム]
18:00 ユーロ圏8月消費者信頼感[確報]
18:00 ユーロ圏8月鉱工業信頼感
18:00 ユーロ圏8月業況判断指数
18:00 ユーロ圏8月経済信頼感
18:00 ユーロ圏8月サービス業信頼感
21:30 加4-6月期経常収支
21:30 加7月鉱工業製品価格
21:30 加7月原料価格指数
21:30 米7月個人所得/個人支出
21:30 米7月PCEデフレーター
23:30 米8月ダラス連銀製造業活動指数
26:30 ブラード・セントルイス連銀総裁、同連銀と全米企業エコノミスト協会主催の規制改革についての会議で挨拶

英国休場[サマー・バンクホリデー]