ドル円は朝から81.60からが重く、仲値が通過した後はカンタンに下落。

昨日の夜からこの上値水準でストップしています。ということで、ドル円は81.60越えからの展開が注目だと思います。


東京時間は要人発言が続いたのですが、たいした真新しいコメントはなく、逆に円高でも悪いことばかりじゃない的な発言には敏感に反応して円高に振れるなど、まだまだ相場の弱さを露呈している空気です。

次々と、対ドルでの最安値を、他通貨ペアがつけてきていますから、ドル円が新安値を付けてもなんら不思議は無いと、世界の人は思っているのではないでしょうか。

クロス円については、ドル安のおまけ円高ですから、ドルの動きを見るに限りますね。円買い、円売りの相場が主体の時はクロス円もよく動きますが、今はドルが完全に主体ですから、クロスよりもストレートで取引するのがいいと思います。 


ただ、ある意味ヘッジとなりますし、クロス円に慣れてることもふまえれば、クロスだけってのもアリですね。ボクはクロス円ばかりいじってましたので、取引するのは好きです。最近は円売りでもドル売りになっていることが多いので、ドル円があまり円安にならない分、クロス円もソフトになってしまいましたね。



ユーロドルは今日も元気満点で、1.4が定着してしまいそうな雰囲気。1.4125あたりにオプションバリアとのこと。ここを越えると一瞬でも跳ねますね。こちらはこの1.4125に注目ですね。




今日は、比較的早いNY時間21:15ごろにバーナンキ議長の講演があります。今日のバーナンキさんの発言で、為替についてのコメントには大きな動きにつながる可能性があります。ドル安ユーロ高についての発言で、一気に反転する可能性もあるので要注意。

その後も、


●21:30  消費者物価指数、小売売上高

●21:30 ニューヨーク連銀製造業景気指数

●22:55 ミシガン大消費者信頼感指数・速報値


と、注目指標が軒並みありますので、今日のアメリカ時間は忙しい動きになるかもですね。




↓押していただけるとうれしいです^^

人気ブログランキング



ブログ為替レート



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村