FX?CFD?シストレ?証拠金トレードLIFE

証拠金取引(FX、CFD、日経先物mini等)小額で始められる投資を実践するブログのつもりです^^

★原油取引⇒レバレッジ最大20倍⇒1ロット約3600円!日経225⇒レバレッジ10倍⇒1ロットはほぼ日経と同一価格!そしてカンタンです!


ドルストレート

相場つきの変化

ドル円は先週の雇用統計からがんばってきた21日線完全クリアを達成することはできず、再び81円を割り込んできました。

下落に歯止めのかかりそうな雰囲気であったけど、これでリセットされてしまい、80円半ばを割り込めば再び危険水域に突入ということになります。



少し今までと様子が違ってきているのは、ドル円が下げても、ドルストレートが上がりにくくなっています。今までのようにあきらかなドル売りではなくなってきているのでしょうか。どちらかというと円買いの方向になっているのかもしれません。

ユーロドルも大きく売られており、21日線を割り込んできました。

今日の動きを見ていても、ドル円が81円を割る下落をしたからしょうがなく少し戻したような動きになっています。昨日のアメリカ市場の値にはもどっていません。

もしこの動きが続くのであれば、一番弱いのはクロス円ということになりますが、ポンドドルやオージードルは、まだトレンドをキープしていますので、今日の動きの中心はユーロがカギとなってきそうです。


スイングで素直に動くとなれば、ドル円はショート方向、ユーロは戻り売り、ポンドドル、オージードルは押し目買いとなるでしょうか。

ユーロは短期であれば逆張りもおもしろそうですが・・。




今日のこれからの予定(klugさんより抜粋)



【ユーロ圏】
*ドイツ消費者物価指数(CPI)・確報値(10月)16:00
予想 0.1% 前回 0.1%(前月比)
予想 1.3% 前回 1.3%(前年比)


*ドイツ調和消費者物価指数(HICP)・確報値(10月)16:00
予想 0.1% 前回 0.1%(前月比)
予想 1.3% 前回 1.3%(前年比)


【イギリス】
*商品貿易収支(9月)18:30
予想 -8000億ポンド 前回 -8227億ポンド

*鉱工業生産(9月)18:30
予想 0.4% 前回 0.3%(前月比)
予想 3.6% 前回 4.2%(前年比)

*製造業生産高(9月)18:30
予想 0.2% 前回 0.3%(前月比)
予想 4.9% 前回 6.0%(前年比)


【アメリカ】
*卸売在庫(9月)10日0:00
予想 0.7% 前回 0.8%(前月比)


大きな指標はなさそうなので、発言の方に注意するべきでしょうか。




個人的なトレード


昨日はドル円を短期ロングで構えましたが、あがることなく軽くロスカット。

夜にユーロドル、ポンドドルをロングして、戻っていって安心して寝たものの、職場についたら下がっているというなんともしょんぼりトレードでしたが、そのまま再びロングを入れて利食い決済。

これからの動きを見ながら、基本上記に書いた戦略でポジションを取るつもりでいます。




↓押していただけるとうれしいです^^

人気ブログランキング


ブログ為替レート



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

今日も日中は動きなしか

10月ですね。ヘルニア持ちなので腰が痛くてしょうがないこのごろです。
10月とは何の関係もありませんが・・・。



ここしばらく東京タイムは静かな動きが続いています。もともと静かですが、とにかくドル円の動きが少なく、クロス円はストレートの動きに引っ張られ、強めにはなっているのですが、ここから買うのもちょっとといったところ。

今は円絡みの通貨より、個人的にストレート中心に売買したいです。ドル円の見所は今、介入があるかというくらい。流れは下で介入がこわいなら取引しない方が無難だと思います。長期的な買い仕込みとかなら別ですが・・。

ストレートもそろそろ調整があってもおかしくないと思うのですがね。(ずっといってる) ということで様子見が一番正解なのかと思います。笑

自分の手法は単純なので、スイングならば、21日線の上にあるものはショートしない、下ならばロングしないという感じです。デイならなんでもありです。デイトレの手法は確立したいと思います。ヘタクソです。


今ボクの使っているサイバーエージェントFXは、あまりにストレート通貨が少なく、(いまどきユーロドル、ポンドドルしかない笑) ちょっと国内メイン口座は考えものです。使いやすくて好きなんですけどね。維持率も50%割ってもいいですしね。せめて豪ドルドル、ドルスイ、ドルカナダくらいはあってほしいものです。
海外口座のIFCをちょっと使ってみます。FXCM−UKよりは海外っぽいツールでちょっと戸惑いますが、やってみます。



人気ブログランキング


↓押していただけるとうれしいです^^
ブログ為替レート



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村




ドル1強相場はまだ続くか

|  - ω - |  何を言ってるのかはわからないけど、子どもがなんかしゃべりだしたwいんや〜かわいい大きくなればいうことも聞かないようになってくるんだろな。。せつないな〜今のうちに愛情をいっぱい注いでおきますわw


ブログランキング←助けてくださいw




昨日の相場はドル円イッキに110円越えてきましたね。やはり108.60付近を突破したことは大きく、エネルギーを放出してきました。ただ、ドルだけが強く、他の通貨はほとんど売られる展開なので、ドルストレートはほぼ全ペアで急落しており、ユーロドルやオージードルなんかは見るも無残な長大陰線を引っ張り、トレンドラインを割ったというより、下に付き抜けてしまいました。

来週もこの展開が続いていくのでしょうかね。資金が原油や金などの商品相場から、ドルや株式に戻った動きでしたが、地政学リスクが今以上に深刻にならなければ、原油などが、140円を突破するような動きはもうなさそうですね。

ドル円は目先のレジタンスは110.70円付近に週足の雲下限がある程度で、雲に突入して引ければさらに上がありそう。週の前半に109円ミドルくらいまでの押しで留まれば堅さを確認できそうです。


一方クロス円ですが、ここまで各通貨ストレートで下落してしまうと、大きな上昇は見込めなくなってしまいます。ストレートか、ドル円どちらかの動きが止まってくれるか、どちらも上昇すれば間違いなく↑にいきますけどね。期待できるのはドル円の下落よりもどちらかというとストレートの下げ止まりでしょうか。テクニカル的にもかなりの急落下ですから。。

少し計算してみますと、仮にドル円が112円に到達したとして、ユーロドルはその時の週足雲上限1.4600あたりだったとすると、



●112(ドル円)×1.4600(ユーロドル)=163.52


ユーロ円は163.52円付近での推移ということになります。ドル円が111円でユーロドルがこの水準であったらユーロ円はもっと下ということになりますね。162円くらいですね。





ではポンドだったらどうでしょうか。
ドル円が112円に到達として、ポンドドルはそうですね、1.8900あたりとすると、



●112×1.8900=211.68


今とあまり変わらない水準ですね。まあこれだけでは一概には言えず、チャートなども関係してきますし、なにしろどちらの値段も目安にすぎないので、あくまで参考ですが、クロス円の旨味はあまり発揮できないのではないかなーとは思います。

ストレート通貨の動きは常に監視ですね。



FXランキング←助けてくださいw

続きを読む

むずかしい動き 戻りは売り基調か

|  - ω - |  週末は疲れ果てた。忙しい忙しいといっていた今までをさらに上回り、過去最高の売り上げを記録。そしてバイトは1度も問い合わせが無いまま掲載期間終了。まるでムダ金をリクルートに払うわけだ。この時期はしかたないかな。もうあきらめムードです。

 

日経低空飛行。

 

 NYタイムはドル軟調。ドル円はミシガン大信頼感指数発表後一時100.64円まで下落し安値を更新。その後は買戻しも入ったが101.10円で引けた。週明けのシドニータイムは7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の声明において、為替変動への懸念が示されたことからドルが買い戻される動きに。ユーロドルは一時1.5658ドルまで下落した。また、ドル円は101.97円まで値を上げる場面も見られた。
 東京タイムはG7声明を受けたシドニータイムからのドル買戻しの動きが継続するかに注目したい。ただ、為替市場への介入などは示唆されず、市場には反応は一時的との見方もあり、買い戻し一巡後は再びドル売り基調となりそうだ。(FX WAVE)

為替はドル円が朝からブレまくり、非常にむずかしい動き。オセアニアは軟調、ユーロも売られ気味。

 

 

続きを読む

米JPモルガン・チェース、ベアー・スターンズ買収へ

|; - ω - |  ガン見ムリ。朝から激しいねぇ〜

 

FXランキング 資金とともに下落w

 

 [ニューヨーク 16日 ロイター] 米JPモルガン・チェース(JPM.N: 株価, 企業情報, レポート)は16日、経営難に陥っているベアー・スターンズ(BSC.N: 株価, 企業情報, レポート)を1株約2ドルで買収すると発表した。(ロイター)

米FRB、公定歩合緊急引き下げで

ドル円は米FRBが緊急に25bpの公定歩合引き下げを実施したことから、発表直後に一時98.02円まで下落。しかし、同水準からは買い戻しの動きから、一時99円台を回復する動きに。現在は、98円後半での動きを続けている。
 クロス円もドル円の動きに連動。発表後は一時的に値を下げたものの、その後は買い戻され、ユーロ円は155円前半、ポンド円は199円前半、豪ドル円は93円前半、NZドル円は80円後半で推移している。
 8時34分現在、ドル円は98.67円、ユーロ円は155.05円、ポンド円は199.00円、豪ドル円は92.98円、NZドル円は80.53円で推移。(FX WAVE)

ポンドドルの日足+一目均衡表+MACD
ポンドドル、ストレートドルに対して少し調整気味なので、狙ってみたい。

場が見られればクロス円をデイ狙いしたいところですが・・・。30pipsくらいの幅じゃないとこわい。

ブログランキングで他情報どうぞ。

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ

続きを読む

世界株安「負の連鎖」歯止めの米緊急利下げに警戒も

|; - ω - |  メリケンこのやろう・・・。

まさか昨日のNYが大幅続落とは思っておらず。素直に対円は戻り売りが正解だったようです。。

 

FXランキング←ガーン!


ブログランキング←暴落記念

 

世界株安「負の連鎖」歯止めの米緊急利下げに警戒も

11日東京外為市場では寄付前からドル/円、クロス円で円買いが加速。前日の米国株続落を受けて、世界株安の広がりと「リスク回避の円買い」にナーバスな地合いとなっている。

一方で現状のままでは信用不安が世界株安を深刻化させ、それが信用収縮に拍車を掛ける負の連鎖に陥りかねない。そうしたパニック的な不安心理を鎮静化させるために、「世界株安の行方次第では、11日のNYオープン前に臨時のFOMC会合や緊急利下げの可能性もあり得る」(欧州系銀行)という警戒感もくすぶっている。
足元では、やや投機的なドル売りや円買いに過熱感が生じ始めた。それだけに、こうした噂が浮上するだけで、「突発的にドル反発や円反落を招く乱高下余地を秘めている」(同)という指摘もなされている。(ウインマーケット24)

ユーロ円の日足+一目均衡表+MACD  ポンドドルの日足+一目均衡表+MACD
手持ちのユーロ円も下抜け。他のクロス円も軒並み大幅続落。結局ドル安欧州安オセアニア安円高

ただこっからおっかけショートもこわい。かといって反発ロングはまるで安心できない。ポジの取り方がむずかしくなりました。

ユーロドルも今日あたり正念場チャートくさい。ドル円はいよいよ101円を割ってしまうのでしょうか。。

 

続きを読む
Profile
FX国内口座なら
★スプレッド狭い!0〜0.5!



★小額初心者にもオススメ!



★これまたスプレッド狭い!1000通貨取引手数料無料!チャートが軽いのでよく使っています
CFDはじめよう!
★日本株も10分の1のお金で取引できる!CFDなら資金効率がバツグンにあがります!取引銘柄6000超!





★世界第一位のCFD実績!FXと同じプラットフォームで大変便利!同時にやるならここしかない!

為替情報





NEWS
FX⇔CFD
両方の口座はいったりきたり即時振替OK!とても便利です
スポンサードリンク
応援してください^^
アクセス
定期預金貯蓄



リンク
Archives
ケータイ
QRコード
  • ライブドアブログ