FX?CFD?シストレ?証拠金トレードLIFE

証拠金取引(FX、CFD、日経先物mini等)小額で始められる投資を実践するブログのつもりです^^

★原油取引⇒レバレッジ最大20倍⇒1ロット約3600円!日経225⇒レバレッジ10倍⇒1ロットはほぼ日経と同一価格!そしてカンタンです!


ユーロ

小動きが続いています

あっという間の月末。もう来週は12月ですよ、もう今年が終わるなんて・・・1年何やった?って聞かれると、何やってたんだろう・・・。やだなあ、ほんとやだなあ、、どんどん歳をとっていく。

子どもも早いことにもう9ヶ月。つたい歩きもそろそろできてきて、もうちょっとしたら立ち上がれるのかなぁ。顔もだんだん整ってきて、自分に似てる所は結局、耳、口、まゆげ。終わり。w 写真見たら嫁の小さい頃にそっっくりでした。ま、なんにしてもかわいいです。今一番楽しみなのは、子どもに会えることです。


人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へFXランキング




相場はニューヨーク市場が休場だったこともあり、昨日から全般小動きになっています。今日は週末や月末も重なり、ポジション調整で比較的振れる可能性もあります。アメリカは今日も半日取引なんだっけ?




ダウ先物チャート5分足←こちらをクリックPwalkerさん勝手にリンクさせていただいてます。。




ユーロ円の日足+移動平均線+RSIユーロドルの日足+移動平均線+RSI

引き続きユーロ円とユーロドル。チャートはイヤーな感じになってきました。ただ、昨日はほとんど動きがなかったことから、あまりあてにならず、今日の動きが注目されます。





経済指標・イベントカレンダー[28日]


重要度色分け

     
重要度 1    

↑ちなみにかなり独自判断なので、あまり色分けはアテにしないでくださいw


08:30 日10月完全失業率
08:30 日10月有効求人倍率
08:30 日10月家計調査
08:30 日10月全国消費者物価/東京都区部11月中旬
08:50 日10月鉱工業生産・速報
08:50 日10月商業販売統計
09:01 英11月GFK消費者信頼感
09:30 豪10月民間部門信用
11:00 シンガポール10月マネーサプライM2
13:00 日10月自動車生産
14:00 日11月地域経済動向
14:00 日11月企業景況判断[商工中金]
14:00 日10月住宅着工統計
14:00 日10月建設工事受注額
15:00 南ア10月民間部門信用
15:00 南ア10月マネーサプライM3
16:45 仏10月生産者物価指数
19:00 財務省、外国為替平衡操作の実施状況(11月)
18:00 香港10月マネーサプライM3
18:00 伊10月生産者物価指数
19:00 ユーロ圏10月失業率
19:00 ユーロ圏11月消費者物価指数・速報
19:00 伊11月消費者物価指数・速報
19:30 スイス11月KOF先行指数
20:00 英11月CBI流通取引調査
21:00 南ア10月貿易収支
22:30 加10月鉱工業製品価格
22:30 加10月原料価格指数
22:30 加7-9月期経常収支
24:00 米11月ミルウォーキー購買部協会景気指数
24:00 メキシコ中銀、政策金利発表






ひまわりHD完全子会社です。

インターバンク直結!

ハイスペックトレードシステム
【FXZERO-CH】(エフエックスゼロッチ)を体感してください!



ブラウザタイプのツールではなく、ソフトタイプのツールで、プロっぽい仕様になっています。
最大レバレッジ約300倍!
1万通貨あたりの維持証拠金が5,000円〜です。
残念なことに携帯には対応していません。外出時は指値を忘れずにw


大注目!↓

1ヶ月最大で、驚愕の2千円〜500万円キャッシュバック開催!しこたまトレードするべし!


続きを読む

抜けるか押し戻しか


ダウ先物チャート5分足←こちらをクリックPwalkerさん勝手にリンクさせていただいてます。。





ユーロ円の日足+移動平均線+RSIユーロドルの日足+移動平均線+RSI
ユーロ円とユーロドルの日足です。どちらもというか、どの通貨のチャートも似ている状況ですが、今日どちらに振れていくでしょうかね。





人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へFXランキング




ドル円はアメリカの利下げがどのくらいになるのかといったところに焦点がきているのでしょうか。以前、日米の金利が逆転したときは、ものすごい円高になったようですが、今回も逆転したらそうなってくるのでしょうか。一時的にしても大きな下攻めはあるでしょうね。

よくわからないのはユーロの状況。アメリカ、イギリス他もろもろが大きな利下げを断行していますが、ユーロは利下げ余地はあるというものの、はっきりとした態度はいまだ見せてません。たぶんするとは思うんですが、追加利下げを織り込んでいるのかわかりません。チャートはよくなっているのですが、そこんとこどうなんですかね。

今現在の相場は小動きながらもショート有利かな?といった雰囲気





経済指標・イベントカレンダー[26日]



重要度色分け

     
重要度 1    

↑ちなみにかなり独自判断なので、あまり色分けはアテにしないでくださいw



13:00 生命保険決算(上半期報告)
14:00 シンガポール10月鉱工業生産
16:00 独10月輸入物価指数
16:45 仏11月消費者信頼感
17:00 中川財務・金融相、定例記者会見
17:00 白川日本銀行総裁、講演(東京大学金融教育研究センターセミナー)
17:30 伊11月景況感指数
18:30 英7-9月期GDP
18:30 英9月サービス業指数
18:30 南ア10月消費者物価指数
19:00 南ア10-12月期BER企業信頼感指数
21:00 米MBA住宅ローン申請指数
22:30 米10月耐久財受注
22:30 米10月個人所得/個人支出
22:30 米10月PCEデフレーター
22:30 米新規失業保険申請件数
23:45 米11月シカゴ購買部協会景気指数
23:55 米11月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報
24:00 米10月新築住宅販売件数
24:35 EIA週間石油在庫統計








キャッシュバックやってるよ♪レバ200倍ケータイOK!

続きを読む

ドル/円の円安とユーロ/円の円安が交互に循環、持続性を見極め

8日の東京外為市場ではドル/円、クロス円とも小動き。
前日の外為市場では原油反落などのよって東京市場からユーロが売られ、ユーロ/円ではユーロ安・円高が進展した。しかし、ユーロ/ドルでのユーロ安・ドル高がドル/円でのドル高・円安に作用。全般的な円高は回避された。
その後NY市場では米国の公的住宅金融の資本不足懸念により、ドルが全般的に反落。ドル/円でもドル安・円高が加速した。しかし、今度はユーロ/ドルでのユーロ高・ドル安がユーロ/円でのユーロ高・円安に作用。結果、ドル/円を含めて全般的な円高は回避されている。
今後はこうしたドルとユーロの綱引きを巡る「ドル/円発の円安」と「ユーロ/円発の円安」の交互の循環による円安地合いが、どこまで持続するかを見極める展開となってきた。
(マーケットウィン24より)

 

| - ω - |  最近ずっとこんな感じで、クロス円の扱いはむずかしくなっています。他の通貨でもやはりストレートドルに影響されますね。ユーロほどではないんかもしれませんが。

ドル円が上昇すればクロス円が全て上昇というわけにはいかないようです。去年なんかはけっこう連動していたと思うんですが、最近は個別の動きの力が強いようです。


FXランキング←お願いです〜

 

オージー円がクソポジになってしまう可能性が・・・。

続きを読む

調整にも注意

| - ω - |  赤ん坊もいるので嫁の実家にいることが多い。まあそれはあたりまえなのですが、寝る前に帰るので時間は当然遅い。慢性寝不足もいたしかたないのですが、なにはともあれ

 

ビールが飲みたい・・・・!

帰ってから飲んでしまうとスーパー寝不足になってしまう。。泊まっていけといわれますが、やっぱさぁたまにだったらいいけど、毎日行って夕食もいただいてますし・・・気ぃ使うんですよ。。

マスオ生活に暗雲ww


 

FXランキング←他の人の情報は?

 

ブログランキング円高懸念です。

 

ドル下値リスク高いが調整の動きにも要注意=東京見通し

先週末に2005年安値の101.65円を下抜けるなど、ドルの下値リスクが依然高いことは間違いない。100円というレベルは心理的な意味も含めて強いサポートだが、早ければ今週中にもトライする局面があっても不思議はないだろう。
 しかし、ポジションの偏りに加え、先週金曜日の日足が1円以上の下ヒゲを残した小陽線と底入れを暗示させる足形となったことはやや気掛かり。本日早朝のオセアニアタイム、ドルは小幅に下落して下値を試す展開となっているものの、102円前半などを積極的に売り込むには注意が必要であるのかも知れない。

 先週金曜日に発表された雇用統計が予想外の悪化を示したこともあり、米リセッション入り懸念が強く意識されることとなった。それもあり、マーケットでは今週ではなく来週18日に予定されているFOMCに対する注目度がさらに高まった感を否めない。利下げ幅に対する関心が高いことは無論のこと、FOMCまで1週間といっても米株の動き如何によっては、緊急利下げの実施の思惑などが浮上する可能性を否定出来ないだろう。
 なお、本日東京タイムは早朝に機械受注が発表される。いつもながらブレの大きな指標だけに、一応の注意が必要か。

情報提供;FXニュースレター

 

| - ω - |  やっぱりユーロ円が底堅い。突っ込む場面があったら買ってみるかもです。ポンドは夕方に指標があるので、ポンドドルの扱いに迷うところです。
ユーロ円の日足+一目均衡表+MACD

今日も東京時間は小動きですかね。ポジは今のところ動かす予定はなく、ダウ先物を見ながら欧州時間になったら決めます。

今の相場の流れはドル売りの流れですが、突発的なドル買戻しに注意といったところですね。

日経平均株価 1日チャート

 

最強のFX、スプレッド1銭&取引手数料無料の『Spot Board』
 

≪手数料ゼロ≫のFX取引なら。 5千円から始めるFX投資。FX専業初の上場企業マネーパートナーズ


■人気のFX取引!信頼の伊藤忠グループ・FXプライム■

 

26日から外貨建て投信の設定=為替への影響は実績次第

東京外為市場では例月同様、月末にかけての外貨建て投信の新規設定が注目材料となっている。
投信の新規設定の場合、国内法人や個人から集まった資金がまとまって外貨転(円売り)されて運用が始まるため、為替相場では外貨高・円安要因となりやすい。

同時に先行きにこうしたリアルマネーベースでの外貨買い需要が控えていると、その前段階から便乗的な外貨の「仕込み買い」を誘発させたり、あるいは投機的な外貨売り・円買い仕掛けを抑制させる効果を持つ。
また、設定日ではロンドン市場フィックス(仲値のようなもの。日本時間深夜)にかけて、まとまった規模の外貨買いが持ち込まれる可能性があり、同時刻に向けてクロス円などで便乗的な投機の外貨買いが膨らむケースも少なくない。

もっとも、現在は外貨建て商品の投資環境にとり、米国の大幅利下げ観測やサブプライム問題などによって、円高・外貨安による為替差損リスクが根強く警戒されている。そのため外貨建て投信の新規設定が外貨高・円安要因となるか否かは、実際の設定状況次第という流動的な側面もあるようだ。

 

なお、外貨建て投信の新規設定予定は以下の通り(順番に設定日、ファンド名、運用会社) 。

26日=HSBC新興国現地通貨建債券オープン(毎月決算型)
26日=HSBC新興国現地通貨建債券オープン(1年決算型、HSBC投信)
26日=ダイワ・ロシア株ファンド(大和投信)
27日=野村世界好分散投信(野村アセットマネジメント)
27日=野村世界REITインデックス(野村アセットマネジメント)
28日=グローバル・エクセレント・オープン(日本投信)
28日=DCダイワ・ターゲットイヤー(大和投信)
29日=りそな・JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド(毎月決算型、JPモルガン・アセット・マネジメント)
29日=新生・UTIインドインフラ関連株式ファンド(新生インベストメント・マネジメント)
29日=メロン世界新興国ソブリン・ファンド(年1回決算型、BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン)
29日=北アフリカ/アジア株式ファンド(みずほ投信)

MarketWin24)より抜粋

 

USD/JPY (1 Hour)EUR/JPY (1 Hour)


| - ω - |  仕込み時なん?今日のアメリカの住宅なんちゃら次第ですかね。。

 

FXランキング←上位は雲の上です。


ブログランキング←100位は射程圏内まできてるよw

Profile
FX国内口座なら
★スプレッド狭い!0〜0.5!



★小額初心者にもオススメ!



★これまたスプレッド狭い!1000通貨取引手数料無料!チャートが軽いのでよく使っています
CFDはじめよう!
★日本株も10分の1のお金で取引できる!CFDなら資金効率がバツグンにあがります!取引銘柄6000超!





★世界第一位のCFD実績!FXと同じプラットフォームで大変便利!同時にやるならここしかない!

為替情報





NEWS
FX⇔CFD
両方の口座はいったりきたり即時振替OK!とても便利です
スポンサードリンク
応援してください^^
アクセス
定期預金貯蓄



リンク
Archives
ケータイ
QRコード
  • ライブドアブログ