FX?CFD?シストレ?証拠金トレードLIFE

証拠金取引(FX、CFD、日経先物mini等)小額で始められる投資を実践するブログのつもりです^^

★原油取引⇒レバレッジ最大20倍⇒1ロット約3600円!日経225⇒レバレッジ10倍⇒1ロットはほぼ日経と同一価格!そしてカンタンです!


為替

企業の為の期末介入は行われるか

昨日のロイターの記事になるのですが、少し引用。


15日の大規模介入は、「輸入企業への売り場提供」(都銀)だったとの見方が大勢。ということです。

ドル/円を15年ぶり円高水準の82円から85円後半まで押し上げ、多くの企業が想定レートとしている90円に少しでも近付けることで「90円とは言わな いまでも、それに多少近い水準で円を手当てさせ、企業業績や株価の大幅下振れを防ぐとともに、政府も国内産業界からの非難を回避する」(邦銀)狙いがあっ たのではないかとの指摘が複数出ている。

それだけに、多くの企業が中間決算を迎える9月期末の為替レートの行方には、市場関係者も強い関心を寄せている。しかし、大規模介入実施後の15日以降、 ドル/円は介入観測が下支えとなっているものの、じりじりとした下落基調は変わらず。24日の海外市場では一時84.12円と15年ぶり安値まで1円強に 迫った。市場関係者の間には「中間期末のレートが大幅円高に振れるようなら、何のために(介入を)始めたのか分からない」(別の都銀)との声さえある。(詳細記事)




たしかに、今ジリジリと円高に向かっていては、9月末で中間決算を迎える多くの企業には、何の為の介入だったのかということになりますね。ただの非難回避であっただけなのか、このままの流れでいくと、84円割れはもうそこまできている感じですから、ここで支えるスタンスだけなのか、上記の通り、少しでも90円というレートまで近づけて、企業業績の下ブレを防ぐ介入に動くのか、注目されます。

ただしドル安の長期化、クロス円の買い疲れによる円買いリスク等で身動きが取れなくなっていう状態だと、記事の詳細に載っておりました。

たしかにクロス円は介入時から高値を維持していますから、決済に動く方が多いと思います。
チャートを見ても高値維持ではあるものの、抜け切れずいつでも反落オッケーです!という怖い形ではあります。中期的には支持線等チャートはいい形になったので、買い方向でよさそうですが、短期の動きは一発反落に注意したいところですね。





↓押していただけるとうれしいです^^
ブログ為替レート


人気ブログランキング



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

ドル円は来週も停滞か

金曜日は、午前中に介入!?が入ったという噂なのかどうだったのかよくわかりませんけど、とにかく1円以上の上昇を見せ、一時85円半ばを越えました。

84.50円を下に抜けて、ジリジリと値を下げていた頃でもあったので、雰囲気的に83円台突入は時間の問題かなと思われているような場の状態でしたので、そう思った買いも入って一段高になったのかもしれません。今急騰するのはそれくらいしかないですもんね。

その後は真相はよくわからないまま、介入があった報道、聞いてないよ報道、ノーコメント報道など情報錯綜となりましたが、行って来いでドル安状態に。一時期円買いに向きましたが、欧州、NYはドル安が一段と進み、ドルストレートは高値更新、ドル円は84.30を割って終了しました。


クロス円はまちまちながらも、ユーロ円、ポンド円は大きく買われて終了。資源国通貨は日中高値よりは30pipsほど下で終えました。


r






ドル円、84.50越えられなかったですね。チャートを見ていくと、21日線や、転換線などのサポートを割れて終わってしまいました。そして上値は雲下限あたり85円後半を抜くことはできず、ここは来週も大きなレジスタンスになりそうです。
この85円後半も、介入が無ければずいぶんと遠くになってしまった印象。上から長期線や雲がどんどん下がってきており、支えはできても86円を越えるような上昇というのはちょっと考えにくいですね。


ユーロドル、オージードルは堅調。ユーロドルは簡単に200日線越え、オージードルもキレイな上昇トレンドを描いて2年前の高値を目指しているような格好です。オージーは利上げ観測が高まってきており、しばらく強いんですかね。押し目狙いたいですね。

ドルの巻き返しは果たしてあるのか。^^





↓押していただけるとうれしいです^^
ブログ為替レート


人気ブログランキング



にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

クロス円の上値は重く

| - ω - |  昨日は更新するつもりでしたが、仕事がバタついてできませんでした。

終わっちまった。休み終わっちまった。。毎年思うけど、せつないねぇ〜。。。今年は比較的のんびりしました。オリンピックばっかり見てた気がする。日中は暑かったもんね。これで連休は正月まで無いわ。さっき職場に信じられんようなクモが出現しまして、ショックを隠せない私であります。幸い外に出てくれましたが、あんなんどっから来たのか・・・図鑑にしか載ってないような足の太いチョーデッカイクモ。。やっべーな・・・。

 

ブログランキング←助けてくださいw

 

【見通し】18日東京=クロス円の上値は引き続き限定的

 先週末のNY市場ではユーロ売りが優勢。欧州景気後退観測や米指標が比較的堅調だったほか、NY原油・金価格が下落したことで幅広い通貨でドル買い・ユーロ売りが強まった。
 ユーロドルは1.47ドルを割り込むと一時1.4659ドルと2月20日以来の安値水準を示現した。ユーロ円も同様に上値は重く161.88円まで下落。ドル円は心理的な節目とされる111.00円を前に上値は重く110円半ばでの小動きとなった。
 域内の景気減速や金・原油価格の下落の影響から、ユーロ円や資源国通貨を中心とするクロス円の上値は引き続き重そうだ。一方、ドル円はクロス円の下落に連れる場面は見られるが、全般的なドル買いの流れが継続していることもあり、底堅い推移となりそうだ。(FX WAVE)

 

今週もドル買いの流れが継続しますかね。ユーロは大きく反発することもなく終わってしまうような雰囲気ですが。ストップを付けるような猛反発を1度期待していますけどね・・。

 

FXランキング←助けてくださいw

 

経済指標・イベントカレンダー[18日]


08:01 英8月ライトムーブ住宅価格 結果:前月比-2.3%、前年比-4.8%
14:00 日本銀行、政策委員会・金融政策決定会合(1日目、19日まで)
14:00 日6月景気動向調査・確報
14:00 シンガポール7月輸出
14:30 日7月全国百貨店売上高
15:30 仏7月企業センチメント指数
16:15 スイス6月実質小売売上高
17:00 杉本財務次官、定例記者会見
17:00 佐藤金融庁長官、定例記者会見
17:15 香港7月失業率
18:00 ユーロ圏6月貿易収支
18:00 伊6月経常収支
21:30 加6月国際証券取扱高
26:00 米8月NAHB住宅市場指数

続きを読む

どちらにも動きにくい展開か

|  - ω - |  今回のアルバイト君はなかなか覚えが早くてよかった。


米欧に強弱材料、レンジの上下限を試す展開に=28日欧州外為

28日欧州外為市場では全般的なドル安の流れが一服。
当初は先週までのドル高のポジション調整的なドル売りや、米国の根強い金融不安、週末雇用統計の悪化リスクなどからドル売りが進展した。
しかし、ドルの受け皿となるユーロも今週からは欧州系金融機関の決算発表などが控えており、ユーロ高・ドル安も限定的に。かたや円も米国株先物の小幅高によって「リスク回避の円買い」の勢いは限定的となっている。
結果、ドルとユーロがそれぞれ強弱材料を抱える中で、各通貨ペアともにレンジ内で上下限を試す展開が続いている。

 

アメリカにも欧州にも強弱材料があり、動きにくい展開になっています。

 

FXランキング←助けてくださいw

続きを読む

読めない展開

ドル安方向へのリスク幾分高まる、原油連動相場か=欧米見通し

次の方向性を読みにくく難しい局面だが、為替市場は引き続き欧米の株価や原油価格の動向などに左右されやすいという環境に変化はなさそうだ。「原油連動相場はまだ当面続く」−−の見方も少なくない。
 なお、このあとの欧米タイム、材料的には6月の米ISM製造業景況指数ならびに、ポールソン財務長官とトリシェECB総裁の会談などに要注意。

 テクニカルには、いくぶんドルの下値不安が強まりつつある感を否めない。サポートは直近安値105円を起点とした上げ幅のフィボナッチ61.8%押しに当たる105円半ば、そして昨日に続き移動平均の55日線が位置する105.10-15円レベルなど。割り込むようだ先月9日に示現した安値104.40円が視界内へと捉えられそうだ。
 それに対するレジスタンスは、昨日割り込んできた一目均衡表の基準線が位置する105.90円、昨日高値の106.40円など。

情報提供;FXニュースレター

 

FXランキング←お願いです〜

続きを読む

FOMCにらみで売買手控え、揉み合い継続か

FXランキング←お願いです〜

 

 材料的には、昨日発表されたリッチモンド連銀指数や消費者信頼感指数、S&Pケースシラー住宅価格と米経済指標が総じて悪化しており、それがドルの弱材料に。しかし、一方で本日のNYタイムに発表されるFOMCの結果、具体的に言えばFOMC声明における米当局の今後の金融スタンスを見極めたいとの向きも多く、それがドル売りに歯止めを掛けている面も否めない。思惑の交錯する東京タイムは、基本的にレンジ内での一進一退が続きそうだ。
 一方、それとは別に引き続き原油価格の値動きには要注意。また、6月中間期末を控えたヘッジファンドなどによるリパトリといった需給要因にも注意が必要だろう。

 蚊帳の外とまでは言わないが、ドル/円相場は現在マーケットの「主役」となっていない。それもあり、テクニカルには107.00-108.50円といった非常に狭いボックス相場をいまだに脱却出来ていない状況だ。居心地の良い107円台を中心とした揉み合い相場がいましばらく続く可能性を否定出来ないように思っている。

情報提供;FXニュースレター

 

昨日は夕方に全てを決済。ひさびさのポジションなしでケータイをチラ見することもなくのんびりした夜になりました。今日も基本揉み合いが続くと思います。FOMCを通過するまでは大きなポジションは取れないですね。いろいろ適当にクロス円を買うワタクシですがw、今日は1、2通貨程度に絞って持ち越しはナシの方向でいます。

今日朝いろいろ見て、基調は上向きなんだな〜と思いました。したがってまだしばらくロングが有利かと。キレイな上昇トレンドが続いてますしね。ただここ最近1度もナイアガラが無いので、1度きたらどうなるかな。


ブログランキング←お願いします

続きを読む

相場安定&金曜日のイベントカレンダー

|  - ω - |  木曜日は休みだったんですが、とにかくもっと休みがほしい。だいたい昼前まで寝てしまってすぐ終わっちゃうんだけど、最近本当に起きれない。疲れ取れません。んで、寝すぎて寝れなくなって金曜はだいたい超寝不足w

totoBIG当たらんかなぁ・・・。いーっぱい休むのになぁ。毎週のように10枚買ってるけど、毎週3千円貯金したほうが結果出そうだなw

 

FXランキング←お願いです〜

経済指標・イベントカレンダー[13日]

00:30 バーナンキFRB議長、カンザスシティ連銀新庁舎の開館式出席
07:45 NZ・4月小売売上高指数
09:00 日本銀行、政策委員会・金融政策決定会合(2日目、終了後直ちに結果公表)
日銀政策決定会合(終了後直ちに結果公表)
11:00 中国5月小売売上高
13:00 日5月首都圏新規マンション販売
13:30 日4月鉱工業生産・確報、設備稼働率指数
14:00 シンガポール4月小売売上高
14:00 日5月消費動向調査
15:00 日本銀行「金融経済月報」(基本的見解6月)公表
15:00 EU5月新車登録台数
15:00 独5月消費者物価指数・改定値
15:30 仏5月企業センチメント指数
15:30 白川日本銀行総裁、記者会見
17:00 伊5月消費者物価指数・確報
17:15 香港1-3月期鉱工業生産
17:15 香港1-3月期生産者物価指数
18:00 ユーロ圏1-3月期労働コスト
18:00 ユーロ圏1-3月期雇用者数
21:30 加4月製造業出荷
21:30 加1-3月期労働生産率
21:30 米5月消費者物価指数
22:55 米6月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報
25:00 グリーンスパン前FRB議長、メキシコシティで講演
25:00 ウェーバー独連銀総裁、欧州金融政策で講演
36:00 ポールソン財務長官、G8財務相会合後の記者会見

スティーブンス豪中銀総裁、経済状況について講演
主要8カ国(G8)首財務相会合(大阪、14日まで)
ブッシュ米大統領、ローマ法王と会談

細かいのがいっぱいあります。

 

相場はドルが買い進まれて、円安方向も継続のようです。最近はサブプライム問題は沈静化、織り込まれており、インフレが主題となってきてますね。株式相場との連動も前よりは薄れてきています。

今週はたいした落下もなくドル円クロス円は非常に安定しています。チャートもトレンドをキレイに守っており、落下も押し目と捉えられ底堅く推移しています。


ブログランキング←お願いします

 ←なんだかんだでメイン口座継続中w

続きを読む

よい天気

|  - ω - |  我がベイビーもだいぶ大きくなってきて、そろそろ5キロの大台に乗ろうかというところ。まだ1ヶ月半にもなってないんだけど、成長って早いんだねぇ。前はハラが減ってもおしゃぶりでごまかせていたんだけど、最近は泣き止まなくなってきた。本物志向だ。

 

ブログランキング←速報もここで

 

昨日の相場はこれまた大幅な円高になったようで、ポジションの3分の2がストップで刈られていた。今もそうだけど、非常に不安定になっておりあまりポジションは取らない方が無難だと思う。。

ただオセアニア通貨などは比較的大崩れもなくってとこだけど、おおまかに見ると全ての対円通貨が上値切り下げのジリ下げで雰囲気はあまりよくないような感じに見受けられます。

今のところまだクロス円を買い方向で新規で買ったりキープしていたりしますが、節目節目(欧州タイム、NYタイム)でどうするか考えたいと思います。

今日はこれといった重要指標もなく?(しっかり見てない)株価に反応する動きになるという予報です。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ←モドルボタン。

続きを読む

期末最終日で売買低調か、31日に外貨建て投信の設定集中

 本日の東京タイムは、早朝にフレの大きな指標である2月鉱工業生産が発表される予定となっている。一応それに要注意。
 ただし、期末最終日に当たることもあり、本邦資本筋を中心にインターバンクなども売買は手控えムード。期末が終わるまで少なくとも積極的な取引は見送られる公算で、そうした意味においてはレンジ内での揉み合い推移が予想される。とは言え、需給面では仲値に向けた動向だけはわずかに注意を要するだろう。

 テクニカルには、99円台を中心とした足元のボックスはなかなか居心地が良さそうだ。目先的には方向性が乏しい。依然として98.40〜100.40円といった2円ほどのボックスにいまだ留まっており、それをどちらに抜けていくのかに引き続き注意をはらいたい。
 なお、先週末にもレポートしたドル/円の週足チャートだが、やや上ヒゲを残した小陰線となりドルの上値の重さを露呈したものとなった。それからすると、ドルの上値も積極的には追いにくい。

情報提供;FXニュースレター

 

FXランキング←残念ながらトップ10ならず

ブログランキング

31日に外貨建て投信の設定集中=為替への影響は実績次第

東京市場では31日に外貨建て投信の新規設定が集中する。投信の新規設定の場合、国内法人や個人から集まった資金がまとまって外貨転(円売り)されて運用が始まるため、為替相場では外貨高・円安要因となりやすい。
また、設定日ではロンドン市場フィックス(仲値のようなもの。日本時間深夜)にかけて、まとまった規模の外貨買いが持ち込まれる可能性があり、同時刻に向けてクロス円などで便乗的な投機の外貨買いが膨らむケースも少なくない。

もっとも、現在は外貨建て商品の投資環境にとり、米国の大幅利下げ観測やサブプライム問題などによって、円高・外貨安による為替差損リスクが根強く警戒されている。そのため外貨建て投信の新規設定が外貨高・円安要因となるか否かは、実際の設定状況次第という流動的な側面もあるようだ。
さらに投信設定がピークアウトすると、外貨買い需要の剥落思惑から反動的な外貨安・円高が進むパターンも見られている。

なお、外貨建て投信の新規設定予定は以下の通り(順番に設定日、ファンド名、運用会社) 。

31日=4資産インデックスバランスオープン(分配型、中央三井アセットマネジメント)
31日=4資産インデックスバランスオープン(成長型、中央三井アセットマネジメント)
31日= BRICs5ファンド(JPモルガン・アセットマネジメント)
31日=全世界株式債券ファンド(日興アセットマネジメント)
31日=中国A株ダイナミックプラス(損保ジャパン・アセットマネジメント)
31日=UBSブラジル株式ファンド(UBSグローバル・アセット・マネジメント)
31日=高金利通貨コレクション(日興アセット・マネジメント)

東京タイム終わったらまた円買い?

続きを読む

中東勢の日本株買い観測&来週の見通し予想

今日は風が強いみたいで、いつもよりちょっと静か。

日経が昼からやたらめったらあがっているようですね。

いろんな株ブログを見てますが、ずいぶん減ったしまったというか、更新が滞ったりしてる。現在は投資というか投機といったかたちばかりですね。そりゃそうかw円高が続いて見通しもよくないし。今はボクは株イジリはする余裕がない。金もないw。銘柄を探すのも大変だし、100銘柄ちかくを監視するポートフォリオをよく見ていられたなあ〜って最近は関心してしまうw

為替は今週は終始上値の重い展開となったようですね。予想以上に座る時間も無くて、PCの前を通る時だけ見てたようなもんですが、これが意外と結果は良好。いろいろ見てムダな情報をアタマに入れていない分不安になる要素も少なくてよかったのかもしれない。月曜からポジションは変わってない。

 

FXランキング

ブログランキング

 

来週の動き〜「リスク回避の売り優勢な流れ継続か」

 4日の3月雇用統計を始めとする米主要指標発表、バーナンキFRB議長の議会証言、3月日銀
短観発表と主要イベントが目白押しとなっている。米信用収縮懸念は一旦沈静しつつあるも
のの、4月中盤には3月の市場混乱の影響を被る米大手銀行の決算発表が控えており、基本的
にはリスク回避の円買い優勢な流れになりそうだ。3ヶ月連続の雇用者減が有力視される米3
月雇用統計がプラスのサプライズを提供しない限り、燻り続ける4月末の米0.50%利下げ観測
がドルの重しとして働きそうだ。1日発表の3月短観で日銀の早期利下げ観測が強まれば、ド
ルの買い仕掛けが加速する可能性は否定できないが、9月末のドル売りを100円台で確定でき
る101円付近では、依然として予約の遅れが指摘される国内輸出企業が断続的に売りを持ち
込むと思われるため、101円台前半の抵抗線超えによる強気転換のシナリオは描きづらい。(FXプライム)

■人気のFX取引!信頼の伊藤忠グループ・FXプライム■

 
↑2000円キャッシュバック!

 


↑5000円キャッシュバック中!

合わせて7000円〜♪もらってしまいましょう!

続きを読む
Profile
FX国内口座なら
★スプレッド狭い!0〜0.5!



★小額初心者にもオススメ!



★これまたスプレッド狭い!1000通貨取引手数料無料!チャートが軽いのでよく使っています
CFDはじめよう!
★日本株も10分の1のお金で取引できる!CFDなら資金効率がバツグンにあがります!取引銘柄6000超!





★世界第一位のCFD実績!FXと同じプラットフォームで大変便利!同時にやるならここしかない!

為替情報





NEWS
FX⇔CFD
両方の口座はいったりきたり即時振替OK!とても便利です
スポンサードリンク
応援してください^^
アクセス
定期預金貯蓄



リンク
Archives
ケータイ
QRコード
  • ライブドアブログ